ベース羊毛の代用品に手芸綿は使えるのか

こんにちは、にじいろたまごです。

羊毛フェルトのマスコットのベースを作るときには「ベース用の羊毛」を使いますね。
メーカーさんから色々出ていますけど、例えばハマナカの場合は、「ニードルわたわた」です。


私は羊毛フェルトのマスコットは羊毛で作るものだと思っていたので、ベースとしてほかのものを使う、という考えがなかったんですけど、通信講座の受講生さんから以前聞かれまして。

あ、そういう考えってあるんだ~なるほど…

と思ったくらいなんです。

というか、使えないと思ってたんですよね。
ニードルに絡まないんじゃないかと。

それで、手持ちの手芸綿でちょっと試してみました。
持っているのは「ビックリ綿」という名前の綿です。



いつものようにニードルでちくちくとしてみましたが…
まとまりました!



ということは、ベースとして使えるということですね。

上から羊毛もしっかり刺さります。

ニードルを刺す感覚はやっぱり羊毛とは違うので、おおまかなベースを作るときに使うといいかもしれないですね。

このビックリ綿はたくさん入っていますけど、袋から出すと3~4倍くらいになるので羊毛に比べるとかなりコストダウンですよね。
大きなものを作るときにはかなり助かるんじゃないでしょうか。

私が持っている「ビックリ綿」はポリエステル100%なので、同じようなものを入手すれば同様に使えるのではと思います。


ただ…綿によっては刺しにくいものもあるようですので(受講生さんのお話から)、はじめは小さめの物を買って試してみるといいですね。
試してみないとわからない、ということですのでご注意ください。



▼羊毛フェルトを始めたい方、始めたばかりの方へのお役にたてばいいな、というちょこっと講座






スポンサーリンク
[ ベース羊毛の代用品に手芸綿は使えるのか ]ブログ,羊毛フェルトの作り方通信講座,羊毛フェルトちょこっと講座2017/07/05 07:45

スポンサーリンク