羊毛フェルトニードルの使い分け、にじいろたまごの場合

こんにちは、にじいろたまごです。

羊毛フェルトで何か作るのは、本当に最低限「羊毛」と「ニードル」があれば作れます。
これがなくっちゃ始まらない、フェルティングニードル。
種類があるのでその使い分けについてちょっと書いてみたいと思います。



私が持っているニードルです。
上から


  • ニードル5本セットできるホルダー(今はピンク色です)…広範囲を刺す場合に使うとスピードUP

  • ニードル3本セットできるホルダー…ちょっと大きめのマスコットを作るときはこれは必需品

  • ニードル2本セットできるホルダー…ベースを作るときにグサグサと刺さりやすい

  • 1本のニードル…細かいところを作るとき、小さいもの(ストラップ用マスコット)を作るとき


こんな感じで使い分けています。
普段のマスコット作りでは5本セットできるホルダーはほとんど使いませんが、ほかのものを行程によって使い分けています。


それからニードルにも太さがありますね。
太さによって使い分けます。

私の場合大まかに分けるとこんな感じです。

  • 太針…溝をつけるときくらいでほとんど使いません

  • 細針、レギュラー針…ベース作り~カラー羊毛を刺しつける、パーツを作るなどほとんどの作業

  • 極細針…仕上げ


はじめのうちはレギュラー針があれば一通り作れるのであまりいろいろ揃えなくてもいいと思います(*´꒳`*)
ニードルやホルダーを使い分けて、なるべく楽に、楽しく作れるといいですね♪

こちらも参考にしてくださいね↓

スポンサーリンク
[ 羊毛フェルトニードルの使い分け、にじいろたまごの場合 ]ブログ,羊毛フェルトの作り方通信講座,羊毛フェルトちょこっと講座, , , 2017/05/29 07:45

スポンサーリンク