羊毛フェルト:ころくまちゃん、台湾へ行く(1)国際eパケットでの発送の仕方

こんにちは、羊毛フェルト作家にじいろたまごです。

時々、Facebookなどで作品を買いたいけどどうしたらいいか?などのコメントをいただくこともあります。

海外の販売も考えていましたが、決済方法や送り方がよくわからないとか、販売サイトが英語でさっぱりわからない…などなど、なかなか進んでいなかったのです(^_^;)

やっと、海外への販売が叶いました!

台湾の販売サイトPinkoi(ピンコイ)に登録して販売をスタートしました♪

4331

Pinkoi(ピンコイ)でギャラリーを開設



Pinkoiで販売するには、まずギャラリーを開設しますが審査があります。
日本の販売サイトは誰でも登録すれば使えるところがほとんどだと思いますので、そこが違いますね。



審査を通過したら早速出品♪
これは日本のハンドメイドマーケットとほぼ同じと思っていいと思います。

台湾のサイトですが日本語版のサイトもあり、商品説明も日本語でOKなんです。
自動翻訳がついているので、だいたいはわかっていただけるのかな~という感じです。
(英語で書ければなおよし!なんですが)

とりあえず、1回お取引をやってみようとはじめにころくまちゃんを2点、出品してみました!

はじめてのお客さまは台湾の方。
ドキドキしながらの発送準備です。


国際eパケットで台湾に発送



海外へ物を発送するのに、郵便局の国際郵便のサイトを見るといろいろ種類があってどれがいいのやらさっぱり。
Pinkoiでは、EMSや国際eパケットをおすすめしていましたので、ちょっとお安い国際eパケットを使ってみました。

アジアの場合、私が送る200gまでのものですと680円で送れるので、国内に宅配便で送るくらいの送料ですみます。
▼国際eパケットの料金表はこちら



国際eパケットは事前に国際郵便マイページサービスからパウチ(送り状などを入れる袋)を取り寄せておきます。
これは郵便局ではもらえなくて、ネットから申し込んで取り寄せます。
ついでにEMSのラベルも差出人の住所などを印刷して送ってもらいました。

これらの作業はPinkoiなどで販売を始める前に済ませておかないといきなり国際eパケットは使えませんのでご注意。
EMSは宅急便を送る感じで送り状を書けばいいのでその場で大丈夫です。


発送の手順



国際郵便マイページサービスにログイン

オンラインシッピングツール「送り状を作成する」から必要事項(差出人・送り先の情報、送るものの登録など)を入力

確認(インボイスは何枚いるかなども確認しましょう!台湾へは1枚でOKのようです)

印刷します(A4)

送り状は3つ(送り状・受付局控え・依頼主控)にはさみで切っておきます。
インボイスと送り状にサインをします。
送り状には日付も。

パウチに送り状とインボイスを入れます。
郵便局には「梱包した商品」「パウチ」「受付局控え」「依頼主控え」を忘れずに持っていきましょう。

私はパウチにとりあえず全部入れて持っていきます♪
忘れ物があったら送れませんからね(^-^;


それで、またドキドキしながら郵便局に行きました。
無事に発送できるかな~

…長くなったので次の記事へ続きます。
興味のある方は続きも読んでみてくださいね♪

続き 羊毛フェルト:ころくまちゃん、台湾へ行く(2)国際eパケットでの発送の仕方

▼Creemaでも販売中です

スポンサーリンク
[ 羊毛フェルト:ころくまちゃん、台湾へ行く(1)国際eパケット... ]ブログ,出展・出品, , 2015/11/26 07:45

スポンサーリンク