【ちょこっと講座】そもそも、羊毛フェルトって?というお話から

こんにちは、にじいろたまごです。
このブログを読んでくださっている方の中には
羊毛に興味がある方、羊毛フェルトをやっている方もいらっしゃると思います。

これから、【ちょこっと講座】ということで
少しずつですが羊毛フェルトの制作方法などについても書いていこうと思います。
まず初回の今回は、「そもそも、羊毛フェルトって?」というお話です。


先日、幼稚園のママ友さんと話していて
こういうものを作っているんだよという話をしたのですが、
「羊毛フェルトって知ってる?」って聞いたら
「知らない~」ということだったので


そっかぁ
羊毛フェルトっていったいなんだ?
っていう人もいるよね…
そういえば講座の生徒さんも、そもそもよく知らないで受けている人もいたなぁ…

とふと気がついて
そもそも、羊毛フェルトってなに?

ということについていちどお話ししてみようと思いました。


羊毛と、ニードルです。

羊毛フェルト、ニードルフェルトでは「羊毛」と「ニードル」を使います。
最低限これだけあればOKです。

羊毛は、文字通り「ひつじさんの毛」なのですが、
ざっと洗っただけだったり、きれいにゴミも取り除いていたり、色がついていたり加工してあります。

その羊毛に、先にギザギザが付いている特殊な針(ニードル/フェルティングニードル)でさくさくと刺していくことで
固まって形ができてきます。

そしていくつもの形を作って、パーツになって
そのパーツをまたニードルで刺して固定していき
サクサクサクサク…と丁寧に刺して
じっくりと固めていくと

マスコットなどができあがります。



たとえば、こんなのとか^^


私が始めたのは2005年の年明けごろで、
私もなんだか全くわからず始めたのですが
これがまぁーハマってしまいました(笑)

自己流ですが、あーでもない、こーでもないとやり方とか工夫したり
ネットで作品を発表している方を参考にしたりして
今に至ります。

まさかこんなに続くとは思っていなかったですね!
というのも、

こんなふわふわな羊毛が、
この針を使って刺すだけで固まって
形ができるということが
不思議で、楽しかったんですね♪

そして、静かな空間でサクサクサクサクと
ニードルで羊毛を刺す音を聞いていると癒されたり
できあがったマスコットのあたたかさに心があったかーくなったり。

今は、私の羊毛作品を手に取っていただいた方にも
こんな癒しとか、あたたかさを一緒に感じていただけたらいいな
あたたかい気持ちをギフトと一緒にお伝えできたらいいな
喜んでいただけたらいいな
と思って制作をしています。


今は羊毛フェルトにはぴったりな季節です。
羊毛フェルト作品を手に取っていただくにも、
羊毛フェルトを始めるにも。


ぜひぜひ機会があれば一度手にとってみてくださいね^^
































スポンサーリンク
[ 【ちょこっと講座】そもそも、羊毛フェルトって?というお話から ]羊毛フェルトちょこっと講座, 2012/10/25 14:04